クラミジアには、薬を服用することで完治することができます。

クラミジア撲滅レポート

ジスロマック

ジスロマック

ジスロマックとはどんな薬?

クラミジアの治療において使用される薬の代表格が、ジスロマックという薬です。
ジスロマックは、病院で処方される薬を服用する方法と通販・個人輸入によって購入する方法があります。ジスロマックという薬とは、細菌による感染症に有効的な抗生物質のひとつです。

マクロライド系抗菌薬に分類され、細菌のたんぱく質の合成を抑えることで、細菌の増殖を弱めることができます。
高濃度の場合には、殺菌に多く利用され、マイコプラズマやクラミジアの細菌に対しても有効といわれてます。
インフルエンザなどのウィルス性の風邪には効果はありませんが、二次的な感染や予防のために使用されることがあります。

さまざまな細菌に対して効果があるので、病院でも多く使用されている薬となっています。
ジスロマックの最大の特徴は、服用方法や服用量にあります。1度の服用で体内に長く留まり、作用時間も非常に効果が長いです。1日1回のみ服用します。1錠250mgを4錠の1000mgまたは1錠500mgを2錠の1000mg。3日間続けることで、7~14日間持続させれます。そのため、飲み忘れの心配も少なく、きちんと症状を治癒させることが可能となります。

クラミジアの治療では、薬の成分を血中濃度を高くすることで一度に効果を発揮させることが有効的とされています。この期間の間に治癒する確率は90%を超えるほどです。体内に薬が長く留まれる理由として、有効成分にアジスロマイシン水和物が含まれており、水に溶けにくい性質を持っているため体内に長く留まることが可能となっています。

服用する時間には、特に決まりはありません。食前・食後など好きな時間に服用できますが、なるべく食後2時間以上経過してから服用し、服用後も2時間以上は食事を控えるように注意して下さい。また、副作用に出る可能性があるため、アルコールの摂取は控えて下さい。胃腸症状を伴うことが多くみられ、下痢や吐き気、胃痛など報告されています。

妊娠中の方でも服用できる薬であるため、安全性は高いですが、ごく稀に、アナフィラキシーショックや皮膚に障害がでる場合があります。念のため注意してください。ほとんどの場合、症状は治まるので心配はありませんが、悪化したり、症状が続くようであれば、必ず医師にご相談して下さい。