ジスロマック|クラビット|クラミジア撲滅レポート

ジスロマック|クラビット|クラミジア撲滅レポート


クラミジアとは

クラミジアとは、どのような病気かご存知の方が多いようで少ないようですが今現在、日本国内でこの病気の患者数は100万人を達するといわれています。
つまり、100人に1人はこの性感染症に感染しているとというわけなのです。この性病の特徴として、自覚症状が乏しいことで知らない間に性行為に及んでしまい、さらにその爆発的に強い感染力によって、感染が拡大しているケースが非常に多いとのことです。その感染率の高さについて数値にて表すと、なんとおおよそ、50パーセントは最低感染するといわれ、高いものだと、80パーセント程度となるといわれています。
つまり、パートナーがもしこの性感染症に侵されていた場合、2回性交渉を行えば、ほぼ間違いなく観戦するということです。
今上記にてあげたように、性行為により感染する場合から、あとはこの病気の場合は、オーラルセックスによる咽喉へ感染するケースが多く、男性が既に性感染症に侵されており、その男性器を女性が加えることにより、感染するともいわれいます。
また、この病気の厄介なことは、そのまま放置をしてしまうと、他の性感染症の淋病やエイズといった症状に感染する可能性が、なんと3~5倍も高まるといわれいるため、早期発見と早期治療をすることがとても重要です。
この病気の治療法としては、有効な医薬品が既に開発され、販売されております。
一般的に知られているのが、クラリシッドとジスロマックが有名で、特にジスロマックの場合だと、その成分量に合わせた種類が3種類存在し、またそれぞれ服用してから、毎日継続的に服用するタイプではなく、
一度服用した後、7日間飲まないいても効果が持続されるなど、これらをしっかりと服用することにより、クラミジアを体内から排除することが可能です。
はじめにあげたように、この日本国内でクラミジアだけでも相当な数の患者数が確認されており、中にはまだ確認がされていない、
気づいていない数を含めるとかなりの数の性感染症に侵されている人が多いといわれていることもあり、なるべくこのジスロマックのような利便性の高い医薬品を治療法の1つとして、
常に保有しておくことは、今後のこの日本であってもとても大切かもしれません。